歯周病による口臭の予防と対策

口臭の大きな要因の一つに歯周病があります。歯周病は重大な疾患であるにもかかわらずその危険性がなかなか認知されづらいものです。

 

歯周病は虫歯と違い初期の自覚症状に乏しいため放置しがちですが、悪臭を伴うほどになるとかなり状態が深刻化していることが考えられるため、臭いを抑える意味でもきちんと治療対策を行いましょう。

 

歯周病は歯茎に雑菌や病原菌が溜まって炎症を起こしたりトラブルを発生させる病気の総称です。虫歯は菌が歯の表面に穴を開けた時点で痛みが生じ、歯の神経である歯髄は人間の神経の中でもかなり強い痛みを発するため、我慢できずに歯科医へとかかる人が多いのですが、歯周病はかなり酷くならないと痛んだり生活に支障が出ることが少ないことが放置されがちな要因です。そして、歯周病の初期の症状の一つが口臭なのです。

 

歯周病は歯茎に雑菌が溜まることで膿などが発生し、悪臭が生まれます。悪臭が発生している時点で歯周病は確かに一定以上進行している状態ですから、この時点で歯科医にかかるなどして確実に治す必要があります。

 

この時期に洗口剤やマウススプレーなどで臭いのみをごまかしてもなかなかうまくいかず、また歯周病は進行する一方です。

 

歯周病は、実のところ虫歯よりも歯を失う大きな原因となっています。またきちんと治しきるまでに強い口臭は続きますし、症状をだましだまし放置しても決して治ることはありません。エチケットとしての口臭対策と歯の健康のため、歯周病対策は日頃から行い、そしてかかってしまったら初期の段階で確実に治しましょう。

 

口臭対策にサプリ面とが効果的!

 

口臭予防の基本は口腔内の洗浄や虫歯・歯周病の治療など、衛生面の改善が必要ですが、必ずしもそれだけでは解決しない場合があります。

 

特に胃腸が弱い人は胃から立ち上ってくる臭いが口臭の大きな原因となるため、口腔内を清潔に保つだけでは解決できません。体の内側から発生する臭いには飲む口臭対策サプリメントを利用することで改善できることが多くあります。

原因不明の口臭を治すには?

小学生時代から自分の口臭が気になっていました。歯磨きも朝晩は必ずしていますし、虫歯もほぼ無いに等しい状態なので原因不明のままずっと大人になるまで過ごしていました。もちろん口臭なので他人が指摘してくる事はありませんでしたが、特に気になった時には母が教えてくれていました。

 

でも子どもながらまだ学生でもありましたし、自分で気にするくらいで、人と話す時には至近距離ではなくある程度距離を開けるなどの配慮くらいしかできませんでした。

 

社会人になって2年目くらいの時に、ある出会いがありました。たまたま仕事のお客さんで歯科医の方がいらっしゃってしかも口臭外来を担当しておられる方でした。その方に原因を追求して頂きケア用品を勧めて頂き購入しました。

 

そのケア用品を止める事なく毎日毎日必ず使用すること約10年。歯磨きの後、舌に塗るコンディショナーとマウスウォッシュを1分ほどしてそれを朝晩2回行うだけ。今だ無くなると心持ち不安にはなると思いますがおかげで自信が持てて気にならなくなりました。歯科医もおすすめする口臭予防歯磨き粉はこちら⇒口臭に効く歯磨き粉

 

その歯科医の先生にお聞きしたんですが常に水を飲む事が良いらしいです。できれば一日に2リットル飲む事がベストみたいです。私は10年前からケースでミネラルウォーターを購入し常に飲料は水を飲むようにしています。

更新履歴