口臭をきつくさせる原因

口臭の原因はいくつかあり、正常なものも病的なものもありますが、特に臭いの元になりそうなものを食べていないのに普段と違うきつい臭いがするようならば何らかのトラブルを疑うべきです。

 

口臭は胃や腸などの消化器から来る臭いと口内で発生する臭いに分けられます。どちらから来る臭いも問題があるものとないものが存在します。

 

消化器から来る臭いは単純に臭いがきつい食べ物を食べたときに発生する食べ物そのものの臭いと、消化器不調による消化不良などによって発生する臭いがありますが、口内で発生する臭いはトラブルが原因であることが多いため注意が必要です。

 

口内の臭いは雑菌や病原菌によってもたらされていることが多いです。特に口内で悪臭が発生する原因と言えば歯周病で、歯茎の中に病原菌が繁殖し酷くなると膿が溜まるため、これらによる悪臭が漂うようになります。

 

虫歯や歯周病は歯の中や歯茎の中など、完全に組織の内部で菌が繁殖してしまうため、これらが発生した後に対処することは難しいので予防が何より重要です。そのため口臭は口内トラブルの警告の第一歩として早めに対処していかなければなりません。

 

虫歯や歯周病のリスクを上げる初期の口腔トラブルとして口腔が乾燥するドライマウスなどがあります。唾液分泌が減り口腔内の免疫力が低下すると雑菌が繁殖し、口臭が強まると同時に口内の病気の原因となります。

 

こういった口内トラブル初期の段階から医師にかかり適切なアドバイスを受けることが、結果的には面倒が少ないものです。